レーシック手術について

私の身の回りにレーシック手術を受けて視力回復をした人がけっこういる。
私が安いコンタクトレンズを買い求めているときにも、検査してくれるお医者さんが、レーシック手術のパンフレットをくれた。
ずっとコンタクトレンズを使い続けることと、レーシック手術を受けた場合のコスト比較なんか、掲載されていたりするけれど、ナンセンスだと思う。
レーシックの手術自体、最近のものだし、コンタクトレンズも10年前と今ではコスト観念が全く違うし、当時は比較してレーシック手術を受けたほうがお徳なように書かれていたけれど、費用の面だけを考えれば一概にそうとは言えないのだ。
けれど、朝目が覚めたとき、視界が子供の頃のようにクリアであるということは魅力的だ。
それこそ地震があっても、何かトラブルがあっても、目が見えなくて困るということがないからだ。
それでも費用の面だけではなく、手術を躊躇する自分がいる。あくまでレーシック手術はここ近年で広まったもので、手術を受けた後、何十年経った後の経過観察の知見が得られていないからだ。
手術をして、そのまま何事もなく、老いていければそれでいいけれど、その過程で、手術を受けたことによる何かトラブルがないとは限らないからだ。
新薬の類も、体に大きな影響はないとはいえ、薬を飲むことによって体に与える影響を考えるとなるべく服薬したくないと考えているから、レーシック手術なんて、私の場合はもってのほかなのである。
だから手術を受けて、視力回復している友人達を見ると羨ましいと思う反面、面倒だけれどもコンタクトレンズを利用している。
きっと私の場合、年を重ねていろいろなことが面倒になってきたら、コンタクトレンズも装着せず、眼鏡で毎日を過ごすことになろうと思われる。
それでも医療技術も日進月歩であるから、この先、こんな面倒臭がりの私のために、コンタクトレンズも、もっと使いやすくなって、老若男女問わずもっと便利な世の中になっているかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*