使い捨てのコンタクトレンズ

きっと今の時代、コンタクトレンズを使用している人は、使い捨てコンタクトレンズが主流であろう。
少し乱視があったり、昔から使い慣れていたりする人は、ハードのコンタクトレンズを利用しているかもしれない。
私は使い捨てコンタクトレンズが少し安くなり始めてから、2週間の使い捨てタイプを利用している。
目のためや、面倒さを考えれば、デイリーのコンタクトレンズを使うことも考えたけれど少し割高である。
2週間の使い捨てコンタクトレンズは、外した後に洗浄して、保存液につけておかなければいけないから、通常のソフトコンタクトレンズと手入れの面において対して差がないかもしれない。
けれど2週間という期限が来たら、取り替えることで衛生面においては、画期的に良いと思う。ただし、私の経験上、レンズを新しくしてから、2週間がいつだったか忘れてしまうことが多い。だから2週間以上は装着していて、そろそろ視界が悪くなったとか、絶対もう2週間は過ぎているなあと思い始めたら交換している。
使用上は、よろしくないと思うけれど、土日は装着しないし、それで今のところ問題がないようなので、今までそれでずっときている。
最近は眼鏡をかける頻度も高くなったから、2週間の使い捨てよりはデイリーのものを使ったほうが目にはいいのかな、と思うこともある。
逆にマンスリーの使い捨てのコンタクトレンズも発売されていて、こちらにも興味はある。使用期間が長ければお金はあまりかからないと思うからだ。
ただ、冬の今頃空気も乾燥するし、鼻の奥も乾燥するし、ついでに目も乾燥する。
目を潤す点眼液でも使えばいいのだろうけれど、そうすると自分で涙を出す力が弱まるような気がして、あまり薬には頼りなくないのだ。
マンスリーのタイプにすると、そういった乾燥に耐えうるのかどうかがわからなくて、使用を少し躊躇するところである。
しかも新しいタイプを購入する場合は、さすがに眼科に行って見て貰う方がいいと思うと、なかなか新しいものには手が出せないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*