扇子をプレゼントする場面

   

扇子をプレゼントするシチュエーションは色々あります。プレゼントは何といっても記念日や特別な日に行うと、より味わいがあり思い出深いものになります。
例えば、長年働いていた会社を退職する先輩に、職場の同僚みんなでプレゼントする、ということがあるかもしれません。結婚記念日に夫婦がお揃いで使える、ペアのモノを贈るのもステキです。
お茶やお花をする人は、いくつもの扇子を季節や場面に応じて使い分けているかもしれません。時々自分が持っているモノを見返して、足りない柄を買い足したり、自分にプレゼントするのもいいですね。
扇子を選んだ経験があまりない、という場合、お茶やお花をたしなむ人が近くにいるなら、聞いてみるといいかもしれません。どの季節にどんなモノをチョイスすればよいか、アドバイスがあると選びやすいです。

男性や女性に人気のある扇子

実用的なモノを選ぶ時、男性なら、より使いやすい大きいモノを使う傾向があります。男性が選ぶサイズは通常6寸以上ですが、7寸、8寸、8.5寸というものもあります。さっとあおぐと風が起こりやすく、涼しさをしっかりと感じることができます。大きなものになればなるほど、骨も丈夫なものを使っているので、よりしっかりした構造になります。
扇面は和紙などの紙と、布などがあります。布にはシルク、かすりなどの生地があり、見た目も涼やかです。
絵柄は簡単でシンプル、単色の色使いのものが喜ばれます。無地を選ぶなら白、紺、黒といった何にでも似合う色が喜ばれます。
女性の扇子は大体5寸、6寸、6.5寸程度で、何かの絵柄があるものが多いですが、種類は多岐にわたります。花柄、季節を感じる絵柄、模様が細かく、一つ一つの絵柄が小さいものが多いです。色は淡い色のピンク、藤色、水色といったものが選ばれやすい傾向にあります。香り付きのものも人気です。
種類が多いので、柄も大きさも自分の好きなものが見つかることでしょう。四季に合わせて絵柄を変えるとよりオシャレです。

インテリアとしての扇子

あおぐという用途以外に、インテリアとして飾る扇子もたくさんあります。富士山、桜や梅といった定番の絵柄、京都や古都の街並み、舞妓を描いたものなどもあります。絵柄はやや大きく、華やかな色合いのものが多いです。
和紙で作られた扇子が多いですが、布、特にシルクなどを使ったものも絵柄がほどよく透けていて、人気があります。

ピックアップ記事

扇子を海外の人にプレゼントしたい時

扇子は日本古来からの技術が生かされた伝統工芸品なので、海外からの人気も高いです。海外の人にプレゼントしたい、と思う人も多いアイテムです。どんな扇子が喜ばれるかは色々ですが、やはり日本でデザイン、生産さ...

プレゼントされた扇子を長く使う

お気に入りの扇子は長く利用することも大切です。自分で買ったものもそうですが、大切な人からプレゼントされたものなら、なおさら丁寧に使いたいものです。いつでも手軽に取り出して使えるものだからこそ、普段のち...

扇子をプレゼントする場面

扇子をプレゼントするシチュエーションは色々あります。プレゼントは何といっても記念日や特別な日に行うと、より味わいがあり思い出深いものになります。例えば、長年働いていた会社を退職する先輩に、職場の同僚み...

誰に扇子をプレゼントする?

日本で古来から使われた扇子は、今日でも多くの人に使われているアイテムです。夏は涼をとるために使われますが、春や秋といった季節でも使われます。お茶会などの行事に作法として持っていく場合もあります。持ち運...


魅力