扇子を海外の人にプレゼントしたい時

   

扇子は日本古来からの技術が生かされた伝統工芸品なので、海外からの人気も高いです。海外の人にプレゼントしたい、と思う人も多いアイテムです。どんな扇子が喜ばれるかは色々ですが、やはり日本でデザイン、生産されたものが人気があります。
簡単な構造で安価な扇子なら、海外の工場で大量に生産されていたり、一部が海外に委託されているモノもあります。扇子は扇面、扇骨、仕立てなどの工程に分かれていて、これらのいくつかを海外で行うこともあります。
伝統にこだわる扇子の場合、国内生産にこだわっているものが多くあります。職人により手書きのサインや絵が描かれている扇子は、一つひとつ異なるのでプレゼントにピッタリです。
絵柄はやはり日本をすぐ想像できるものが人気があります。紅葉や桜、梅といった図柄、富士山などは誰が見ても日本のものだとわかるので、よく選ばれます。華やかな色を使い、大き目の絵柄ではっきりと描かれているものが、海外へのお土産にチョイスされる傾向にあります。

海外の人に送るときのポイント

扇子を購入し、海外にいる人にプレゼントしたい場合、いくつかのことを確認する必要があります。
海外に郵送できるところと、そうではないお店があります。直接郵送できるなら手続きが簡単です。海外への郵送は別途郵送費を支払う、という場合が多いですが、どのような手段を使って、郵送の日数はどれくらいかかるかも確認しましょう。当然日本国内に郵送するより、時間はかかります。ある程度の日数が分かれば、先方に伝えておくこともできます。
郵送してくれるショップなら、梱包状態を確認します。繊細なモノですので、丁寧に梱包してくれるかどうかもポイントの一つです。特に扇骨や和紙の扇面は、折れたり壊れたりしないようよくチェックします。
直接郵送できないなら、自分で購入して、別途送付する必要があります。

海外へのプレゼントで気を付けること

扇子が日本の伝統的なモノだと知らない場合、用途や手入れの方法を、相手に伝えておくといいですね。また国によって習慣や物の考え方、喜ばれないカラーなどが異なります。プレゼントする相手はどんな絵柄が好きか、どの色はダメか、ある程度事前に聞いておくと選びやすいです。
簡単な取り扱い方法も、伝えておくといいかもしれません。日本の気候と異なる場合、手入れの仕方も異なることでしょう。湿気の多い国なら、日本より保管に気を遣う必要があるでしょう。

ピックアップ記事

扇子を海外の人にプレゼントしたい時

扇子は日本古来からの技術が生かされた伝統工芸品なので、海外からの人気も高いです。海外の人にプレゼントしたい、と思う人も多いアイテムです。どんな扇子が喜ばれるかは色々ですが、やはり日本でデザイン、生産さ...

プレゼントされた扇子を長く使う

お気に入りの扇子は長く利用することも大切です。自分で買ったものもそうですが、大切な人からプレゼントされたものなら、なおさら丁寧に使いたいものです。いつでも手軽に取り出して使えるものだからこそ、普段のち...

扇子をプレゼントする場面

扇子をプレゼントするシチュエーションは色々あります。プレゼントは何といっても記念日や特別な日に行うと、より味わいがあり思い出深いものになります。例えば、長年働いていた会社を退職する先輩に、職場の同僚み...

誰に扇子をプレゼントする?

日本で古来から使われた扇子は、今日でも多くの人に使われているアイテムです。夏は涼をとるために使われますが、春や秋といった季節でも使われます。お茶会などの行事に作法として持っていく場合もあります。持ち運...


注意点